2018年04月11日

廃塗料処分と処理の問題

廃塗料の処分と処理には様々な問題があるかと思います。
とりあえず処分したい!と思ったらネットで探してみて下さい。
すぐに処分方法や処分業者さんが見つかると思いますよ。

最近宇宙柄が流行ってるんですね?
私は昔から宇宙が大好きです。

SF好きだったから宇宙が好きになったのか。
宇宙が好きだったからSFが好きになったのか。
よくわかりませんが、宇宙は昔から好きでした。

宇宙の写真を見るのが大好きでしたね。
「カール・セーガン博士」という方が昔いました。

天文学者だったらしいですね(ググりました)
このカール・セーガン博士の「コスモス」という番組を見てから私は宇宙とセーガン博士に恋をしたのです。
ほんっとにセーガン博士大好きでしたwラブでした(笑)
この人と結婚したいと思った10代の頃の私。

そして、高校入学のお祝いに「コスモス」の天体写真集全4巻と天体望遠鏡を買ってもらったのです。
これは私の宝物になりました。
そして夢の中にセーガン博士が出てきてトキメキましたw
変な女子高生でしたね私・・・。

今ググって調べたら私が買ってもらったのはこれですね。
『コスモス(全4巻特製版セット)』 ISBN 4-01-059230-3

なんか調べてたらセーガン博士に会いたくなってしまいました。
もう亡くなられてますが、動画とかあるかもしれないですね。
今でもコスモスで流れてた曲を覚えてます!
あー見たくなってきました。

セーガン博士は私みたいな頭の悪い女子高生にもわかりやすく色々解説してくれましたしねw
コスモス見る前から私は図書館で宇宙や天文書を読んできたので簡単なことは知ってます。
でもやっぱり映像つきで解説されるとものすごく納得できるっていうかわかりやすいですね。

私が図書館で借りて読んだ本で好きだったのは「おもしろ天文学」ですね。
とても興味深い読み物でした。
天文好きな方には一度読んでもらいたいです。
中学の時でしたね、それをよく読んでました。

って、今ググったら見つからないです!「おもしろ天文学」が。
数巻あったと思うのですが、見つかりません。
もう絶版になってしまったのでしょかね。数十年前の本ですしね(汗)

科学的知識は数十年前とはかなり違いますし、昔わからなかったことも今は判明してたり。
昔は間違って解釈されてたこともあるでしょうね。

中学高校と「天文ガイド」という雑誌も毎月買ってましたね。
自分が買ってもらったのは6センチの屈折式望遠鏡でした。
それで始めて月のクレーターを見たときの感動!

親を呼んで見せたら親もめっちゃ感動してましたw
「え!?こんなに見えるの!?」ってw

ほんとど迫力で見えましたねw

そして土星の輪を見たときの感動!
本当に輪がある!!すごい!と。

木星にはうっすらと縞模様も見えましたね。
あー木星だぁぁぁ!とこれも感動しました。

望遠鏡を手にしてガッカリしたのは一つだけ。
星雲などがよく見えなかったことです。
やっと見えた時には白いモヤみたいな感じで、え?って思いました。

だって天体写真では綺麗な紫色なのに!なんで白黒なの!ってw

ちなみに見たのはオリオン座大星雲でした。
一番わかり易い場所で視野に入れやすかったですからねw
でも写真みたいな色では見えなかったのでがっかりしました。

あれは撮影して始めて色がわかるのかなぁと。
それとも私の望遠鏡が能力低すぎてダメなのかとか。

一度でいいから大きな望遠鏡で見てみたいなぁ。
機会があればどっかの天体観測所の観測会とか行ってみたいです。


ラベル:廃塗料 処理 処分
posted by ぞうさん at 10:23| 廃塗料・廃ペンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする