2019年08月09日

廃ペンキの処分と処理コンテンツ

処分や処理が難しい廃ペンキ、皆さんはどうしてますでしょうか?
多分処分をしてくれる業者さんに頼むのが一番の早道だと思います。
業者さんならネットで検索するのが早いですね。
ぜひ検索してみてください!

私はずっと不良に憧れてました。

昔からオタクで髪も真っ黒で中学の時はかばんも教科書でパンパン、スカートも規定の長さ。
真面目ないい子でした。ちょっと抜けてましたけど。

でもちょっと不良っぽい女の子と仲良くなってから、その自由奔放な生き方というか行動力、考え方に少し感化されたようです。
楽しいときは思いっきり笑う!
そんなことさえ私は躊躇してた中学時代。
周りの子たちもいい子たちばっかりだったけど、どこかお上品。

私がちょっと不良っぽい子たちと遊ぶようになったら、以前から仲良かった友人に「あなた笑い方まで変わってしまって悲しい」って言われました。
そう、気づいたらその不良っぽい子が楽しそうに笑う笑い方に自分もなってたのです。
今までは口も開けず小さくクスクス笑うくらいでしたからねw
一体何に遠慮してそんな笑い方になったのか自分でもわかりませんし覚えてませんが。

でもその時仲良くなった不良っぽい子のおかげで今の私の明るい笑い方があるのかもしれません。

私はその不良ちゃんと仲良く遊ぶようになっても私は私の見た目は変えてませんでした。
そこは影響は受けずにいましたね。
かばんもスカートの長さも髪の色もそのままでした。
でも不良ちゃんたちはそんな私にもその姿のままで受け入れてくれました。

不良ちゃんは3人いて、そのグループでよく行動してたように思います。
でも不良ちゃんってここでは書いてますが、見た目が不良っぽいだけで、授業も真面目に出てましたし、言葉使いがひどいとかそういうのもなかったのです。

でも私が以前から仲良かった子たちからは「不良」として見られてたし、私も「不良さんだな」ってなんとなく思ってたんです。
でも付き合ってみたら普通にいい子たち!楽しい子たち!

でも!いい子じゃなかった!(唐突に思い出した
いじめの現場を一回みました。っていうか連れて行かれました。
クラスに一人地味な子、C子がいたんです。いつも一人でした。
でも無視されたりしてて一人ってわけじゃなく、他のクラスの女子とも普通にしゃべれる子でした。
単に気の合う子がいないだけだったのかもしれません。
私はその子ともほどほど仲良くしてました。

でもある日、リーダー各の不良ちゃんAが私と不良ちゃんBに言ったのです。
「C子、ちょっと生意気じゃない?」
え?って思いました。
どこが生意気なんだろうかと。
話を聞いてると、普通の会話をしてただけのようですが、どうもAちゃんは小馬鹿にされたと勝手に解釈して怒ってるようでした。
いやいやいや、違うんじゃない?って思ったけど、私はそこでC子さんをかばうことが出来ず黙って聞いてるだけでした。
AちゃんとBちゃんが乗り気になってC子を階段下に呼び出しました。
私も連れて行かれました…。

さっそくAとBがC子さんに難癖付け始めました。
C子さんはおどおどもせずに普通にしてます。何?って聞いてきたのでAちゃんが「あんた生意気なんだよね」といいました。
「生意気ってどういうこと?」
返事ができないAちゃん…(笑)
「そ、そういうとこが生意気なの!」
そんな調子で特に大きな理由もなくC子さんに意地悪なことを言いますが、C子さん全く屈しません。
そりゃそうよ、何も悪いことしてないんだもの。
C子さんかっこよすぎる…不良二人目の前にして全く臆せず。

途中でAちゃんが私に振りました。
「あなたも何か言ってやんなよ」
「……」
C子さんになんの不満もないので何も言えません。黙ってました。

そんなことが一回だけありました。
結局そのまま何がどう決着つくわけでもなく、休み時間が終わったので終了となり。
その後はそういういじめみたいなこともなく、普通にクラスメートとして対応してましたね、AちゃんもBちゃんも。
何がしたかったのか未だによくわかりませんが…まーマウントとりたかったのかな?
でもマウント取る材料が足りなかったみたいです(笑)

卒業式の日、C子ちゃんから手紙を貰いました。

「私が呼び出されて文句言われたときも、あなただけは私に何も言わなかった。やさしい人だ」

と。

違う。
やさしいんじゃないよ…。

単なる臆病者なんだよ…。

涙出ましたね。

先生に話せばよかったのかもしれませんけど、当時言いつけたことがバレたら自分がいじめの対象になるってやっぱりそういう怖さがあったんだと思います。
だから言えなかった。誰にも。

子供ってそういうものだと思います。
大人からみたら些細なこと、そんなに怖いことじゃない大丈夫って思うことでも、子供にとってはものすごーく重要で怖いことだったりするんです。
そこを先生方には解ってあげてほしいなと思いました。

でも相談したらうちの担任は上手にやってくれたのかもしれないと。と今更思ったりもします。



posted by ぞうさん at 15:43| 廃塗料・廃ペンキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする