2012年10月05日

カエルの思い出

子供の頃、目の前に田んぼが広がっていました。
小学生の頃はその田んぼが遊び場でもありました。
水の入った田んぼにはカエルがたくさんいて、子供たちは皆田んぼに素足で入ってました(笑)
素足で入る田んぼの土はぬかるんでいて、足を取られますので転ばないように注意して歩きます。
もちろん稲を踏んだりしないように慎重に・・・。
って、今考えると田んぼに入ること自体、農家の方に取っては困ったことだったかもしれませんね。
当時は子供ながらに気をつけて入ってたんですか、特に悪いことをしてるって感覚はありませんでした。

田んぼに入って何をしていたかと言うと、カエルを捕まえていたのです。
子供たちはどれだけ大きなカエルを捕まえるか、競争していました。
男子も女子もです(笑)
みんなトノサマガエルを捕まえてきます。
大きいカエルを捕まえた子は皆から羨ましがられます。

トノサマガエルは柄が好きです。
そうやって子供の頃からカエルは手づかみしてましたので、今でも平気で手づかみできますw
ただ、捕まえた瞬間におしっこかけられるのが嫌で、今はあまり触らなくなりましたが。
最近では稲刈りのときにアマガエルを発見して、思わずつかまえてみました。
ちっちゃくて可愛いですね、アマガエル。
おしっこはひっかけられずに済みました(笑)

あのつぶらな瞳と水かきが可愛いです。
私は女ですが、爬虫類は好きだったりします。
蛇とかトカゲとか大好きですね。
トカゲとか飼ってみたいなと思うのですが、配偶者は良い顔しません(笑)

まぁ爬虫類買うとしたら生餌が必要かもしれないし、そうなるとやはり飼うのは大変かもって思います。
私は虫類は苦手なので、無理ですね、きっと。

その点、アフリカツメガエルは生餌がいらないので飼育は簡単のようですね。
上手く繁殖できたら販売もできますし!?
でもきっと配偶者が良い顔しないでしょうw

残念ながら可愛さの点で言うと、アフリカツメガエルよりはアマガエルのほうが数段上です。
なのでたぶん飼育はしません(笑)


カエルの王国
アフリカツメガエル 販売
アロワナ・熱帯魚等の生き餌 アフリカツメガエル販売
posted by ぞうさん at 12:44| アフリカツメガエル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする