2012年10月10日

渋谷区クリーニング

渋谷の街には何度か出かけたことがあります。
田舎に住んでた頃は都会に憧れて何度か東京へ出ていましたね。
神奈川に引っ越してからはあまり行かなくなりました。

私が渋谷へ行く目的はただひとつでした。
「東急ハンズ」です。
あそこには夢がいっぱい詰まってます(笑)
1日いても飽きないくらいの商品がこれでもかと並べられています。
種類も豊富でマニアックなものや、変わったものもあります。
そういったユニークな物を見て歩くのはとても楽しいものです。
でも1日いても見きれないだろうなと思います。

そんな渋谷の東急ハンズへ何度か足を運びましたが、初めて渋谷へ行ったときに思ったことはこれでした。
「今日お祭りでもあるのかな?」
いや、もう、人が一杯いるんですよ。
駅前も人ごみで待ち合わせの人だらけど、歩くのも大変なくらい混んでいるんです。
そして渋谷の交差点も人人人。
ぶつからないように歩くのが大変です。
アイスなんか持って食べ歩きなんて絶対無理ですね。
速攻誰かの服にアイスがついてクリーニング代を支払うハメになることでしょう(笑)

友人と出かけたときも、はぐれないようにすることにかなり精神を研ぎ澄まして歩いてましたね。
そしてそんな私たち女子グループの一人が、へんなイケメンにカードをさっと見せられて、そのままイケメンが彼女についてくるのです。
カード見せながら。
彼女は「え?え?w」ってうろたえながら私達に追いついてきましたが、イケメンも諦めていなくなりました。
あれは一体なんのキャッチなのでしょうか。
彼女美人だったので何かモデルとかキャバクラとかのお誘いだったのでしょうかね?

おのぼりさんでしたので、東京に行くと高層ビルを「うわー」って見上げてしまいますねぇ(笑)
もろ田舎者だと周りからバレバレでございます。
本当にありがとうございました。
posted by ぞうさん at 13:46| クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

スマホもクリーニングしましょ♪深夜に一人でゴシゴシと。

クリーニングと言っても何も衣類だけではありません。
あらゆるものがクリーニングできるかと思います。
パソコンの中味でさえクリーニングできますからね。
データを綺麗さっぱり消すという作業のことですが。

さて、最近はガラケーという日本独特の進化を遂げた、日本人にはとっても扱いやすい携帯が、少しずつスマートフォンへと移行していってるように思います。
私もスマホに乗り換えました。
スマホ、素晴らしいですね!
なんでももっと早くスマホにしなかったのかと!

ちなみに私が使ってるのはアイフォンじゃなくてアンドロイドのほうです。
実際販売店でいろんな機種を触ってみたんですが、アイフォンは操作がよくわかりませんでした。
アンドロイドのほうはなんとなく分かったので、自分にはアンドロイドが合うのだろうということでアンドロイドに決定でした。

スマホは難しい、アンドロイドが難しいって話をよく耳にしてたので、ビクビクしてたのですが、触ってみたら普通に小さいパソコンみたいなもんじゃないですか。
これなら楽勝です。
操作も慣れればあとはいろんなアプリをダウンロードしてスマホ生活楽しんでます。
アンドロイドの難しいところってなんでしょうね。
自分的には最初とまどったのが文字の入力ですね。
携帯みたいに片手ではちょっと難しい(笑)

そんなスマホですが、画面を直接タッチするので段々汚れてきます。
油がついたりとか(笑)
ティッシュや服の袖で「はー」って言いながらゴシゴシしたります。
でも実はスマホ専用クリーニング液みたいのがちゃんと売られてるんですね。
専用クリーナー液と専用クロスのセットになっていて、クロスに液をつけてからスマホの画面をふきふきするようです。
かなり綺麗になるようなので、深夜に服の裾なんかでごしごししてる私も「ちょっと買ってみようかな」って思いました。
posted by ぞうさん at 23:49| クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

危険なクリーニング工場

半数が建築基準法に違反 クリーニング工場実態調査
2010.9.10 21:46

 国土交通省は10日、全国のドライクリーニング工場2万8821カ所のうち、8月末時点で50.2%に当たる1万4479カ所が、住宅・商業地域内で引火性のある石油系溶剤を使うなど、建築基準法に違反していたとする実態調査結果を発表した。

 昨年、大手クリーニング業者による違法使用が各地で発覚したことから実態を調べていた。国交省は(1)引火性のない溶剤に切り替える(2)発火原因となる静電気除去装置などの安全対策を講じた上で特例として工場の使用許可を申請する−などの是正策を、自治体を通じて業者側に指導した。

(MSN産経ニュースより抜粋引用)


クリーニング工場は実はいろんな薬剤などを使ってますので結構危険なのです。
もちろんきちんと管理して使用されてるので問題はないのですが、引火性のある溶剤を使ったクリーニング工場が市街地などにも存在してるようなのです。
そのへん今まできとんとした対応がされてなかったのか、一件事例が見つかってから慌ててチェックしてみたら、実は半数が建築基準法に違反していたということです。
クリーニングで使う溶剤には静電気などで発火することもあるようなので危険なのです。
実際にクリーニング店の店舗から火が出たというニュースも何軒か見ましたし。
今回の件からも自治体を通じて業者に指導していくとのことです。
ラベル:クリーニング
posted by ぞうさん at 15:51| クリーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする